お腹の中から健康に、便秘にならないための生活習慣

女性は常日頃から生理があり、ホルモンの関係で便秘になりやすい体質だと言えます。

妊娠すれば、血液の流れ具合もお腹の子に栄養を供給しなければならないため変化しますし子宮が大きくなればさらにお腹の動きが妨げられてしまうことに結果的になり便秘になります。

妊娠する前から便秘がちにあると、妊娠中の便秘はさらに辛いものとなってしまいます。

人によっては便が硬くなりすぎてしまい、いきんだりすることで痔になってしまうことも少なくありません。

そうならないように普段から便秘についてはたかが便秘と軽視せずに対策を行われておくことをおすすめします。

まずは血液のめぐりをよくするためにウォーキングなどの有酸素運動を定期的に行いましょう。

これはホルモンバランスを整えることにもなるので運動不足がちな女性ならば尚更取り組みたいですね。

次に食事内容見直してみましょう。偏った栄養バランスはホルモンバランスを乱してしまいますし、食物繊維が不足すればこれまた便秘になります。
野菜をしっかりとることも心がけましょう。
発酵食品を摂ることは腸内環境を整える事につながり便秘を解消する手助けにもなります。

水分をこまめに摂ることも便自体に水分を含ませる事にもなり便秘を解消してくれます。

排便を意識することは健康にもいいことなので普段から便秘を解消できるような生活習慣を心がけましょう。

 

グリーンスムージー粉末おすすめランキング!人気スムージー徹底比較!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です